インプラント(治療) 埼玉県 さいたま市 北区 土呂駅 加茂宮駅 歯科 歯医者 歯科医院 歯科ながしまクリニック

歯科ながしまクリニック

ブリッジとインプラントとの比較

イメージ 失った歯の本数が少なく、土台となる歯がしっかりしている場合によく適用されます。 一度つけたらはずれない固定式であるため装着しても違和感がありません。
保険適用のブリッジは12%金銀パラジウム合金という材質が使われますが、硬い金属のため歯にとても負担がかかります。


当院では自費治療になりますが、柔らかい材質の金(20Kゴールド)や 審美面も兼ね備えた白くて柔らかい材質(グラディア)を使用して土台への負担を軽減しています。

治療のながれ/手順

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

【治療の手順】
  • 形成 … 失った歯の隣の歯を削ります。
  • 印象 … 印象材で歯の型を採ります。
  • 咬み合せ … 上下咬み合せの型を採取します。
  • 装着…左のアニメーションの様に装着して調整します。

ブリッジの欠点

ブリッジも自分の歯と同じように噛む事ができ、違和感がありませんが、以下のようなデメリット・問題点を抱えています。

  • ブリッジを支える健康な歯を削る必要があります。
  • ブリッジの歯肉の上にのる部分(ポンティック)に食べカスやばい菌の塊(プラーク)が溜まり、臭いの元となったり、空気が漏れて発音が困難になる事があります。
  • 支える歯に大きな負担がかかるためその歯を失う可能性があります。

※インプラント治療については以下をクリックして下さい。

⇒インプラントの長・短所⇒治療計画について
⇒手術方法について