インプラント(治療) 埼玉県 さいたま市 北区 土呂駅 加茂宮駅 歯科 歯医者 歯科医院 歯科ながしまクリニック

歯科ながしまクリニック

「インプラントを10年やってきて」

お陰さまで、宮原一丁目で開業させていただいて10年以上経ちました。 と同時にインプラントにも10年以上携わることが出来ました。 ここ少しでインプラントに対して思っている事を書いてみます。

まず、インプラント治療は、テレビなどでも色々言われますが、私はとても「良い治療」だと思っています。
初めて10年以上前にインプラントを行ったうちの父親は未だに問題無くしっかり物が咬めていますし、 入れ歯の煩わしさが無くなって本当に良かったと言っています。
とにかくインプラントはしっかりと準備をしてやみくもに行うのではなくしっかりと歯を入れる段階まで計算に入れて行えば 安全で長持ちするということを実感しています。
もちろん歯が入った後の継続的なメインテナンスは必要ですが…。

では、インプラントが最適な場合はどんな状態でしょうか?
それはズバリ、隣の葉に迷惑をかけないようにしながら咬む機能を回復する時だと思います。
ブリッジにすれば、隣の歯を削って犠牲にしないといけませんし、それが削った歯の負担過重に繋がります。
部分入れ歯にすればバネのかかった歯に負担過重が起こります。
インプラントならば隣の歯に迷惑を掛けることなく咬む機能が回復できるのです。
あとひとつは、奥歯で咬む機能を失っている場合です。
奥歯「大臼歯」は、上の歯で根が3本、下の歯で根が2本あります。
これは何を意味するのでしょうか?
それは咬む力に耐えられるように根が進化して分れたのでしょう。
それだけ大臼歯は、咬む力を受け止めるために大事だということです。
その大臼歯を失ってしまった場合どういうことが起こるでしょうか?
人間は咬めないと物が食べられませんから咬めるところで物を咬もうとします。
残っている歯、つまり前の方で咬むようになります。
前の方の歯は、大臼歯に比べて咬む部分の歯の面積は小さく、根も1、2本しかありません。
でも仕方なく大臼歯の役割をさせられてしまいますのでここでも負担荷重が起こってしまう訳です。
前歯で咬めば歯がすりへって変な形になってしまうかもしれませんし、負担過重で歯がグラグラしてきて抜けてしまうかもしれません。
そうなると結局は少し歯を失うことに繋がり、入れ歯がちらちらしてきてしまいます。
また前歯で咬むようになると姿勢も悪くなりがちになります。
そうなると股関節症など内臓に影響が出てくるかもしれません。
奥歯で物を咬むこと」は、健康を維持していく上で非常に重要であると考えています。

今後も当クリニックでは、インプラントを何度も押しつける事は一切致しませんし、自分の考えにもありません。
ただ、インプラントが患者様にとってより良い状態に成れそうな時やインプラントをしようかずっと悩まれていて踏ん切りがつかない時にしっかりとしたカウンセリングを行ってお気軽にご提案させて頂こうと思っております。
以上今後とも宜しくお願い致します。